ギャバジャン

091261

091262

091263

昨日の記事が過去最高に長かったので、今日はサラっと流します(たぶん)

今日はVintageのなかでも、デニムやフライト等と違い、極々一部の人間に
しか支持の無いロカビリー色の濃いギャバジャンを紹介致します。

ギャバジャンとはギャバジンジャンパーの略ですが、これは日本の古着業界
で使われる通称で、1950年代アメリカの資料などではスポーツジャケット
と呼ばれていた様です。素材は圧倒的にレーヨンか綿レーヨンが多いです。

確かに綾織のギャバジンが使われている物も多いですが、朱子織のものも
半分近くあります、もともと古着業界で洋服の知識が豊富な人は少ないので
この呼び名でも通る訳ですが、古着屋で「このギャバジャンは・・・」などと
説明されると、心の中で『ギャバじゃねーし』と叫んでおりました 昔は。

そこで私のコレクションですが、まずは写真上
定番のダイヤ柄 50’s ロカビリーと言えばダイヤ柄ですね〜レプリカでも
色々なメーカーが復刻しております。裏がグレーのリバーシブルです。
当時のアメリカではリバーシブルの単色と柄をオンとオフで使い分ける着方が
多かったようで、50年代のアメリカ映画でもよく見かけます。

写真中!出ました最強のサンダーバード柄、スポーツJKの中でも一番人気で
最も貴重な柄です、しかも最高級のグレピン(グレー×ピンク)で裏もピンクの
リバーシブル。ロカビリーアイテムでグレピンとクロピン(黒×ピンク)はその
配色だけで値段も一気に高額になります。このサンダバードで8万〜12万くらい
します。(これは昔もっと安かった時に買ったものですが( ^ω^ )

そして最後、ピンク地にネップ模様のプリント、これは本当のギャバジンの生地
なのでギャバジャンですな、前記の通りピンクも人気アイテムですが、なかなか
コレを着て歩くのは勇気がいります。(私はこれで教壇にたっておりましたが)

まだまだスポーツJK沢山あります!次回にご期待を・・・アレ期待されてない?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ギャバジャン” に対する意見

  1. やっぱグレピンのサンダーバードはカッコいいっすすね~。
    クロピンだとちょっと下品だし、如何にもだし、そうなんです。グレピンなんです。さりげないオシャレなんです。
    カッコよすぎてママチャリ乗ってたら逮捕間違いなしアイテムです。それでもいいんですよね?
    自分もサイコ刈り時代は渋谷の女子高生に良くバカにされました。それでもいいんです。
    我らNATURAL BORN ド変態 のため、次回も期待しております。

  2. お〜ッなかなかギャバジャンネタ好評?って言う事はロカビリーネタ
    まだまだOKかな〜
    俺はあの頃、毎朝出勤途中で会う練馬の女子中学生に『デタ〜』って
    言われてたな。
    匿名希望様
    リーゼント集はカンベンして下さい。過激すぎてちょっと・・・

  3. >RIC様
    はじめまして
    お褒めの言葉、有り難うございます。大変恐縮しております。
    これからもギャバジャン沢山登場しますので、機会がございましたら
    また見て下さい。
    RICさんのサイトも拝見させて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>