ヤマト   

 

こんばんは、、、

な〜んかな、、   ちょっと残念!(^_^;)

いい試合だったけど、ベスト4ならず・・・

 

さて、半分, 青い。記事を書いていて 思い出しました!

息子の自由研究のこと・・・

 

そんじゃぁ  久しぶりに

書けてないシリーズいきやす!

 

昨年の夏は俺のジャパンカップ全国大会の記事が独占してしまい

息子の夏休みの自由研究の話が書けてませんでした!!汗

 

昨年の夏休み、例によって息子が自由研究のテーマが決まらず迷っていた。。

「パパは小4の時、夏休みの自由研究なにをやったの?」

と、いきなり浴びせかかってきた!w

 

一瞬考えたが

すぐに思い出した!!

『パパが小4の時は 木工細工で 戦艦ヤマトを作ったよ!!』

 

俺が小学校の時、コンバットや軍艦やらが大好きだったのは過去の記事を読んで頂いていれば お解りの通りですよね!w

一昨年、戦艦『武蔵』の記事を書いたのも記憶に新しいと思いやす!

 

そんなワケで、俺が小4の時に作った『戦艦大和』の記憶は今でもよ〜く憶えています!

決してデキの良いもんじゃなかったけど、、、かなり職員室にはインパクトを与えたはず!と自負しておりやす!笑

 

そして、息子は

「じゃあ、俺も木で ヤマトを作る!」と言い出す!

ま〜 単純な   ね!!w

 

早速、息子と材料を買いに ビーバートザンへ行って来ました!

 

そして、俺がガキの頃に造った記憶をたどりながら

息子に 伝授していく!!

 

甲板と船底を切り出すのは かなり重要!

1

 

途中、何度もめげながら

ラワン材を切り出す!

2

 

側面はベニヤを曲げながら 木工用ボンドとクギで!

 

3

本体はかなり歪んだが、ここがある程度 形になると あとは楽!

 

・・・この間、写真撮り忘れ!w

 

買って来たコマい 木っ端で  ヤマトらしいデティールを造る!w

 

4

大事なのは

艦橋! 煙突! 副艦橋! 主砲!!

これを上手く 木片で表現できれば、だいたいはヤマトに見えてくる!

・・・それは 俺が小4の時に 実感してるから!笑

 

ただ、、、

ここまでを 息子にやらせるのは 超大変だったし 何度も怒鳴りつけた!w

金槌で指は打つわ!  ノコの歯は折るわ!  トゲは刺さるわ!

息子はオヤジに怒られながら 何度も心折れていた!w

 

でも

ある程度  形になると

色塗り作業は 楽しんでいた!w

5

 

まあ、

色むら バリバリ だったけどね!

6

 

色彩の須賀先生だったら

絶対に再提出レベルの 筆使いだったけんどね!w

7

 

最後はマッキーで細部を塗り塗り!

8

 

ジャ〜ン!!

9

 

息子が

木で作った 『戦艦ヤマト』!!

10

 

・・・

ちなみに、、旭日旗 は オヤジです!!笑

 

11

造りながら

真珠湾攻撃トラトラトラ の話、硫黄島の話、沖縄の話、原爆の話、今のアメリカと日本の話、などなど 太平洋戦争の話を色々しました!

ま、小4の息子には???? だった でしょうけどね!

(^_^;)

 

こんな、書けてなかった1年前の話です!

 

インスタでは バンバン  レア画像アップしてますが!

ブログは

しばらく 書けてないシリーズ いくかも知れません!

 

「古代くん!」

「雪!」

ポチ!

 

にほんブログ村 ファッションブログ パタンナーへ

にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ

にほんブログ村

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ヤマト   ” に対する意見

  1. オレの時代は、『一人一研究』って言ってた!
    今は、『自由研究』って言うんだ!

    でもこれさ〜。。。研究〜〜〜?!!!
    工作でしょ!
    『本立て』作ってもいいんだね!
    『鮎の置き物』でもいいし、『鮎の仕掛け』でもいいね!

    『仕掛けジャパ〜〜〜ン』ってな!!!

  2. 永樹君の小さい頃 そのままだね、ミニカーや模型造り いろいろなことを調べて統計表の作成などなど 良いお父さんになったね 実力と努力した実績があるから すご~いって!(^^)!皆。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください