1940’s CHAMPION Rayon Sweat

こんばんは!寒いですね!最近弛んだ身体や、酒飲みの話ばかり、コレでは
私がただのぐーたらオヤジみたいなので、そこら辺の親父とは違うんだぞ!
と言う記事を書かねばいけまへん!
本日は久しぶりに人気のないVintageネタに筆を走らせます。

黒×ピンク/ピンク×黒以来のVintage Sweatの紹介です。
1010141

1010142
Vintage Sweat で何を最初に持ってくるか悩むところでしたが、やっぱり
ベタにチャンピオンでしょ!スウェット(オヤジはトレーナーって言っちゃ
うのかな?)のVintageと言えばCHAMPIONのランナーズタグが超有名で
すが、本日紹介のVintage Sweatはそんじょそこらのチャンピオンランナー
ズタグとは違います!
1010144

どうです!1940年代のCHAMPION 最初期の頃のランナーズタグです!
知らない人の為に解説します。ランナーズタグ、古着業界で略してランタグ
と呼ばれるコレは1940〜50年代にスポーツウェアメーカーのチャンピオン
のネームタグの一部にランナーが描かれている物をいいます。
初期のものは今日紹介した様に大きい四角いタグで、年代を追うごとにタグ
は小さくなって行きます。
最終、1960年代中盤になるとランナーマークはCHAMPIONのCの中に小さ
く描かれ、その後消滅します。
1940〜1950年代は社名もCHAMPION Knitwear company で、現在の
Champion productsになったのは1960年代後半だとされております。

あまりにも有名なCHAMPIONのランナーズタグですが、このような1940年
代のデカタグに出会えるのはなかなか難しいです。

また本日紹介した1940’s CHAMPIONのスウェットは、表がレーヨン・裏が
コットンジャージのダブルフェイスになっているとても珍しいタイプです。
スウェットのくせに肉厚でずっしりと重い、いかにもVintageらしい素材です。

それからやっぱりVintage Sweatの代表的ディテールは裾とカフスのロング
リブニットですね!
1010143
ロングリブと言っても、カフス9cm/裾8cmとややおとなしいかんじです。
チャンピオンの物は意外と他のメーカーから比べるとロングリブと言っても
やや長目なくらいで、逆にそこがオシャレ?なんです。 それでも最近のス
ウェットの5cmとかから比べれば長リブですがね〜ちなみにスーパーロング
なのは12cmとか15cmなんてのもあります!
以上、本BLOG初のVintage Sweatの紹介でした〜これからはスウェットも
お楽しみに〜

・・・ウ〜んやっぱりVintageネタはいい!書き終わった後に爽快感が残る!
達成感がある!充実感もある!やってやったぜ感がある!ぐっすり眠れる!
                      ・・・でもまだ仕事・・・

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

1940’s CHAMPION Rayon Sweat” に対する意見

  1. >目黒の虎 様
     遅くまでお勤めご苦労様です!
     フラミンゴ プリントは無いですね〜
     キャラ的な物やお土産的なのは70年代に入ってからですね、
     この時代はあくまでもスポーツウェアですから
     もしVintageのフラミンゴプリントがあったとしたら
     高額で手が出せません・・・真面目に答える必要なかった?
    >MI H1.8 様
     真面目に答えていいですか?
     GAPは勘弁して下さい、あそこはあくまでも
     子供の遊び着として使ってね!
     ユ●●ロよりはいいけどね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>