HARLEY-DAVIDSON Cycle Champ 1st-1

103221

103222

103223

103224

いよいよ野球も開幕しましたね!今年はいつもよりも早いみたいですが・・・
そこで私のVintage Motorcycle JKもクリーンナップの4番バッターをついに
登場させます。
前回紹介したヴィンテージライダースの王道、Buco J-24をおさえて、4番に
君臨するのは!勿論 HARLEY-DAVIDSONです。みなさんハーレーと言うと
オートバイメーカーだと思っている方が殆どだと思いますが、実はオートバイ
同様に古くからアパレルメーカーとして、色々なバイクウェアを生産してきて
おります。

その HARLEY-DAVIDSON が1940年代に世に送り出したMotorcycle JKが
あのサイクルチャンプです。ショットと並んでライダースジャケットの代名詞
とも呼ばるサイクルチャンプは、バイカーのあこがれです。ましてやVintage
ともなると、その存在感は他を圧倒します。

ライダースJK史上『究極』のひとつと絶賛される H-Dのサイクルチャンプは、
1945年から生産が開始され、何度かのモデルチェンジとマイナーチェンジを
重ね、1950年代にはあのエルビス・プレスリーが愛用した事でも有名です。
しかし、有名なわりには色々な本や雑誌で間違った記述がされ、モデルが前後
して説明されたりしています。サイクルチャンプ愛好家としては悲しい事です。

それでは、前置きが長くなりましたがHARLEY-DAVIDSON  Cycle Champの
真実をお話します。

本日紹介しているのは、多数存在するサイクルチャンプの中でも、ファースト
モデルと称される最古のサイクルチャンプです。サイクルチャンプは大きく
分けてファースト前期型・ファースト後期型・セカンド前期型・セカンド後期
型の4モデルに分類されます。 人によっては単純に1st・2nd・3rd・4thと
分類する方もおられますが、私はデザイン的に見て1st前期と後期はマイナー
チェンジで2ndがフルモデルチェンジ、2nd前期と後期はマイナーチェンジと
いった具合なので、前期型・後期型の分類にしています。恐らくこのことを
こだわって説明している書物は殆どありません。

勿論、順を追って説明したいので、本日はファースト前期型を掲載しました。
それではその特徴を説明しますと、まずネームタグはHARLEY-DAVIDSON
の最も古いタイプで、小さく細長い黒地に黄色の刺繍タグです。
そして、目を引くのはBucoの時も説明しましたが、この時代に人気を博した
Dポケットで、サイクルチャンプ1stはDポケットの上に四角いパッチ&フラッ
プが付き、右身頃側には左側と同じ形でやや大きいパッチ&フラップのみが付
きます。
それから、なんと言ってもサイクルチャンプで有名なのは所々に付けられる
スタッズ類です。通常ライダースのスタッズは、着用する人が自分の好みで
色々な物を好き勝手な場所に付けるのですが、ハーレーは最初から幾つかの
スタッズが施されています。肩のエポレットにはNICKEL CHAIN SPOTSと
呼ばれるスタッズが左右に2個付きます。そして3連スタッズと呼ばれる円が
3つ並んだスタッズが、ポケットの止まりや袖口開きZipの引手に装着されます。

裏地はファースト前期型のものはチェック柄でベージュ×黒や赤×黒のものが
ポピュラーですが、他にグリーン×黒や多色織りのタータンチェックも存在し
ます。私はレッドライニングが好きなので、コレを所有してます。

袖開き部分は、袖内脇縫い目上にZipの開き口があり、マチは裏無しの1枚革で
片側がフラシのスリットタイプです。
身頃裾に切替が有り、そこに取り外しベルトを通すループが挟み込まれており
更にループ自体がドットスナップで開閉します。
その取り外しベルトは、ボディーのホースハイドとは異なり、廉価版のステア
やゴートが使用されていて、後中心に大きなHARLEY-DAVIDSONの刻印が入っ
ております。BucoJ-24の時もお話ししましたが、古着屋さんで販売されている
場合このベルトが欠品している物が9割りで、このように状態良くベルトが残っ
ているのは奇跡なのです!!(一寸大袈裟かな?)

そして、ここからは更に細かい話なのですが、先程から説明している1st前期型
には、その中でも初期型と末期型がありまして、私の所有するこのサイクルチャ
ンプ1st前期の初期型はボアの取り外し衿が付きません、ボアの取り外し衿が付
く場合いは、後身頃のネック付け下と前身頃のネック内側に脱着用のドット釦が
付きます。それと同時にラペルをボディーに留めるドット釦も隠しドットになり
ます。1st前期の末期型はドット釦が隠しではありません。
前期型の初期か末期かの見分けでもう一点、わかり易いのは、先程説明した肩の
エポレットに付くNickel Chain SpotsのスタッズがPeanuts Spotsと呼ばれる
ピーナッツ型のスタッズになります。

以上のように外観のディテールだけ観察しても、これだけの細かい分類ができる
のです。ここまで細かく検証して、書いている日本語の書物は過去に見た事が有
りません。と言うより、そんな事どうでもいい事なんでしょうね!きっと。
H-D サイクルチャンプの1st前期のみで、これだけ語る人間はMotorcycle JK界
のファーブル? イヤイヤただの変態か!

とにかく、ライダースのクリーンナップ4番バッターにサイクルチャンプ1st前期
を起用した訳がご理解頂けたでしょうか? 次回の5番バッターには何が来るのか
予想しておいて下さいね、それと同時にサイクルチャンプ1st 後期型の説明には
今日の内容が不可欠ですから、記憶にとどめておいて下さい。

実は2日程前から風邪をひいてまして、体が非常に辛く 頭がボーっとなっており
ますので、まとまりが無いヘタクソな文章になってしまいましたがお許し下さい
 ・・・あっ、風邪引いてなくても同じか(ρ_;)酒飲んでなおそっと!

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

HARLEY-DAVIDSON Cycle Champ 1st-1” に対する意見

  1. アメリカってファッション的に、よくダサいとか言われることが
    多いですけど、いやいやどーしてとおもいますよね。
    40'sのウエアってスンゲー格好いいですよね。[E:dash]
    なんのためにスタッズ打つんだろ?補強のためは分かってるんですけど
    現在の簡略化されたウエアからするとかなりのお洒落心が垣間見れますよね。
    機能性よりデザイン性を重視してるからフロントファスナーの引き手が
    小さいのも40'sとか50'sの特徴ですよね。
    だから誰が(はっきり言ってデザイナーですよね。)何のためにって
    という所に着眼点を移して再度アップしていただきたいですよね~。
    デザインはヨーロッパ移住のイギリス人かフランス人ですかね。
    あと俺らが買えるっーものも紹介していただきたいっすね~。[E:smile]
    ハッキリ言ってスンゲー欲しいですね。
    使用されてるファスナーのメーカーを教えてください。

  2. さすが〜ブルースマンは言う事が違いますな!
    ハーレーは特にタウンユースっぽい感じのデザイン&シルエット&サイジング
    なんだよね〜着心地はショットなんかより断然ハーレー(40’s〜50’sに限るけど)
    最近はマイフリとかキングオブヴィンテの影響で若い子の間で30's・40's人気が上昇中
    なんだって、この前知り合いの古着屋さんが言ってた。
    本が出なけりゃ食いつかんのかお前らは!って感じだよ
    逆に食いつかんでくれ、値段が上がるからとも思う。
    20年くらい前は30'sなんてダサイの極みだったのにな〜
    良さがわかってる人間にはお宝だったけど、1990年代のようなヴィンテージブーム
    がきて、30’s狩りなんてのになったら笑うけどな!
    流行やブーム、書籍に翻弄されるんじゃなくて、本物を着て
    素材・パターン・縫製・付属の良さや味をわかって欲しいもんだね〜
    おっとコメントまでオヤジの愚痴になってしまった。
    ファスナーはね〜
    フロントはオリジナルのコの字どめ棒タロン
    袖口もオリジナルのコの字どめ棒タロン
    Dポケはタロンのチェーンだよ〜ん
    後期型から袖口はタロンの扇になるよん
    フロントがオリジナルってすごいべ[E:smile]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>