LEVI’S 519XX

101131jpg

101132

101133

昨年の10月に特集して以来、久しぶりにジージャンのお話をします。
確かに真冬になるとあまりジージャンを着なくなりますが、私は違います。
「こんなに寒いのによくジージャンで大丈夫だね?」と言われることが多い
ですが、真冬には真冬用のジージャンがあります。

昨年10月21日に紹介したLEVI’S 506XXのブランケットライニング付ジャ
ケットLEVI’S 519XXです。所謂LEVI’Sファーストモデルのライナー付き
になります。
LEVI’Sのファーストと言うと圧倒的に506XXが人気で、多くのレプリカも
売り出されておりますが、今回紹介する519XXは当時1951年の、たった
1年間だけのリリースだった為、かなり数も少く古着市場では状態の良いも
のはあまりお目にかかれません。
にも関わらず、ブランケット付きという性質上あまり人気がなく、かなり
マニアック度の高い商品です。
どうせ高い金出してファースト買うなら、506XXが先って事ですかね?

しかし、前記した様に真冬に着るジージャンはやはりブランケット裏地付き
にかぎります。このライナーは所謂 膝掛け毛布みたいな素材だからブラン
ケットと呼ばれてますが、日本で言う所のガラボウ(手紡ぎに近い糸を作る
紡績技術・がらがら言う紡績だからガラボウと言う呼び名)に近い素材です。

不思議なのは、この Lot No.です、なぜ506XXの裏地付きなのに519XX
なんでしょう?
後日紹介しようと思っているセカンドは507XXのブランケット付き517XX
となるので、ファーストも516XXの方がいいような気がします。まあ昔の
事なのでわかりませんが、ちょっと調べておきます。

私の519XXは色は今イチ薄めですが、SIZE-38程度でゴールデンサイズです。
ファーストの特徴はやはり左胸1つだけのパッチ&フラップポケットと後身頃
のバックストラップですね。このバックストラップはファーストの中でも前期
型の針付きバックルと、後期型の針無し銅色バックルがあります。
10月に紹介した506XXは前期型バックストラップですが、今回の519XXは
後期型バックストラップです。おそらく519XXは1951年製造になるので全て
後期型になるのではと思われます。

他のディテールとしては、胸ポケの赤タブ片面ネーム刺繍や、フラップの裏が
厚みを考慮してのダンガリー地使用、袖口開き位置が袖脇縫い目上ではなく、
袖下縫い目上になっているなど、506XXとほぼ同じです。

真冬に上着がジージャンの人を見かけたら、裏地をチェックしてみて下さい!
本物にせよレプリカにせよ、ブランケット付きだと思います。もしそうでなけ
れば、ただのやせ我慢か、脂肪付きボディーだと思われます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

LEVI’S 519XX” に対する意見

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>