Vintage Flight Jacket Type N-3B

日曜だというのに、今やっと仕事が一段落しました。2014F/W、そうだす
もう次の秋冬物が始まっておます! 今年の冬もまだ終っていないのに、今
ひいているパターンは次の冬物だす。ファッション業界では当たり前の事
ですが、ここから数ヶ月がパタンナーにとっては地獄の毎日だす。。。

さて、週に1度はVintageの話しをしないとストレスがたまるので、日曜の
深夜にコソっと書きやす。

今日は、前回・前々回と続けて書いたVery Heavy Zoneのナイロン製フライ
トJKの最終モデルです。

N-3B
14321

14322
1950年代前半に登場したエアフォースブルーのN-3Aに変り、1950年代後
半 アメリカ空軍に採用されたN-3Bは、B-15D、L-2B同様にセージグリー
ンのアウターシェルと同カラーのライニングで構成されています。

このN-3Bは前モデルのN-3やN-3Aとは違い、1950年代以後長くアメリカ
空軍で採用され続けるモデルになります。

今日紹介する私のコレクションは1950年代のN-3B初期型で、あのリアル
マッコイズでも実名復刻された ALBERT TURNER社製のN-3Bファースト
モデルです。

14323
50年代のN-3Bは通称黒タグと呼ばれ、メーカーのタグカラーが黒になって
います。60年代以降は白いタグに変わっていきます。

1stモデルのN-3BはN-3・N-3A同様フロントに酸素ボンベのボックスタブ
が付けられています。
14324

そして、最初期型には貴重なクラウンZipが搭載されています。
14325
それまでのN-3・N-3Aとは違ってバネ式のスプリングファスナーではありま
せんが、マニアには喜ばれるディティールです。

そして、左袖肩にはおなじみのエアフォースマーク
14326
シガーポケットにもクラウンZipが使われています。

そしてN-3Bの1番の特徴は、それまでのN-3やN-3Aとは違い、袖口のリブ
ニットカフスがインナーカフになっているところです。
14327

そして、フードのファーはコヨーテのリアルファーにもどり、より贅沢な
フライトJKとなっています。
14328
今現在残っているヴィンテージのN-3Bでもここまでいい状態でコヨーテの
ファーが残っているものは珍しいです!
ふっさふさのフワフワです!

それに比べ、こちらのコレクションはだいぶファーがやられているN-3Bです
14329

143210

長年使用されたこのN-3Bは1950年代後半 SKYLINE CLOTHING CORP社
のN-3Bで
143211
タグは黒タグですが、フロントにボックスタブが無い50年代後半〜60年代
前半のモデルです。

シガーポケットもフロントもファスナーはCONMARジッパーが使用されて
います。
143212
以上が私のN-3Bコレクションでした。

N-3BはL-2BやMA-1と同じように現代のファッションモチーフにもよく使
われるアイテムで、フライトJKを良く知らない人でも街角でよく見かける
アウターだと思います。
防寒性とファッション性を兼ね備えたN-3Bは、半世紀以上経った今でも十
分タウンユースとして使えるデザインになっています。

今日のN-3Bはいかがだったでしょう? Vintageとは言いませんが、来年は
是非どこかのブランドが出しているN-3Bを着てみては如何でしょうか?[E:smile]

あ〜スッキリした!! これでグッスリ眠れるわ!!

にほんブログ村 ファッションブログ パタンナーへ

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Vintage Flight Jacket Type N-3B” に対する意見

  1. ぱふぱふなんてどこにも書いてねーぞ!
    まあ、ぱふぱふは最高なんだけどな[E:smile]
    でも、俺にはわからない・・・ぱふぱふ
    ぱふぱふ。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>