Australia-7

 

おはようございます!

春分の日ですが、冷たい雨ですね

世田谷は霙が降ってます

テンション ガタ落ち ⤵︎⤵︎⤵︎

 

今日は息子の今年最初の公式戦だったのですが、こんな天候で勿論中止

少し時間ができたのでブログ書きます。

 

喜んでください!(^o^)/

皆様が首を長〜くして待っている オーストラリア旅行です!!笑

「オメーのオーストラリア旅行なんかどーでもいいよ!」という少数派の意見もありますが・・・

ま、俺の日記なんでね!

ヴィンテージネタと同じくらい 飛ばし読みされそうですが

俺は気にしません! ( ̄^ ̄)

 

さて、スカイレールで超コワイ思いをして やっと着いたキュランダ村

1

 

キュランダ村はケアンズから25km離れた人口3000人の小さな村で

周りを世界遺産の森で囲まれた有名な観光地です。

陸の孤島的な こんな感じの村!

2

 

まずは村を散策

3

 

小さい村に いろんなお店や施設が詰まってます。

4

 

これは村民の車

5

オーストラリアは日本車をはじめとして、とにかく外車が多い!初日に動物園に行った時にガイドから聞いたら、オーストラリの国産車は1つだけだそうで

これがその  オーストラリア唯一の自国独自ブランド自動車メーカー『ホールデン』です。

あまりカッコよくありません!笑

オーストラリア人は車は走ればなんでもイイ的な印象を受けました!

車検制度がないので ボロボロになるまで乗っている感じっす!w

 

そんなワケで、いろいろ見て回ってから

キュランダ マーケットで買い物

6

 

妙な栓抜き!

8

 

キーホルダー

7

 

そうです!

カンガルーの金玉!w

9

番長のお土産はコレに決定!

と、思ったのですが

すんげー高かったのでやめました!笑

 

買い物の後は

キュランダ村からバスで5分ほどのレインフォレステーションへ移動して

リアルジャングルクルーズを体験!

10

このアーミーダックという水陸両用車に乗って熱帯雨林の中を走りながら

キュランダに生息する動物や熱帯植物を見学するツアーで

どこぞのネズミ王国のジャングルクルーズなんかとは大違いにリアル!w

 

なんとかさんというオーストラリアのジイさんの運転は荒っぽい!w

11

 

走り出して すぐにガイドが興奮してる!!

12

 

みなさん見て見て!! パピリオ・ユリシスが飛んでます!!

13

ケアンズ周辺に生息している「パピリオ・ユリシス」という蝶は 幸せの青い蝶 と呼ばれていて、出会えると幸せになるらしい!

 

いきなり出会えた!!

14

 

しかも

「2匹一緒に飛んでいるわ!!!」

と、ガイドが更に興奮していた!w

15

 

ガイド曰く、

1度に2匹飛んでいるのに出会うことは レアケースらしい!

16

日本で言ったら 茶柱が2本立つ感じかな?

一富士二鷹三茄子の 一富士二鷹くらいかな?

まあ、貴方たちは非常にラッキーよ!と話していましたわ

 

こんな感じで色々な植物や動物を見ながら森を進んで行くと

川に出くわす!

17

 

ここで 水陸両用車の本領発揮!!

18

リアルジャングルクルーズ!

蝶〜オモロかった!!

 

ジャングルクルーズの後はお昼ご飯!

 

レストランのビュッフェ!

19

 

クロコダイルのスープ

20

 

まあまあ それなり w

 

カンガルーの肉とかも食った!

21

オーストラリア料理は 味が濃い!

ソースが甘め!

次女だけはバクバク 肉を食らっていた!笑

 

食事の後は

キュランダ コアラガーデン!

小さい動物園ってとこかな

22

息子はどーしても  このカンガルーの革で作ったハットが欲しくて手に入れたが

これ、日本に帰っても被るんかな?

かなり高額だったんじゃが  (-。-;

 

ここも色んなオーストラリアの動物が見られる

23 24

 

ディンゴ

25

たぶん?w

 

飛べない鳥 世界最大

ヒクイドリ

26

 

そしてコアラ!

28.5

ユーカリを食らっていた!!

 

コアラ、マジに可愛い!!

27

コアラ超欲しい!!

 

コアラ抱っこ 記念写真!

 

2回目!!w

 

ドヤ顔!

28.7

 

なんかな?

1回目の時のコアラと種類が違う気がする!

IMG_4942

コアラは全部で3種類いるらしいが、その内の2種類を抱っこしたってことか?

コンプリートしたくなった!!

 

そんなこんな

キュランダ村を満喫して そろそろ帰ります!

帰りもまた・・・

まさかアレに乗るのか??汗

いやいや違います!!(^o^)

29

 

キュランダ高原鉄道に乗って帰ります!!

30

 

そうです!

日本では TV番組『世界の車窓から』で有名な キュランダ高原鉄道 です!

31

 

あの 世界の車窓からのオープニングを10年間 飾り続けた

キュランダ高原列車 IN!

32

 

「世界の車窓から」で有名なこの風景

33

 

かみさんが 似たような写真を撮った!w

34

 

途中

バロンフォールズ駅で列車は停まり

35

 

下車することが出来ます。

36

 

バロン滝をゆっくり眺めるためです。

37

 

そう!

あのスカイレールからヒーヒー言って見ていた滝が

このバロン滝です。

38

 

今度はゆっくり眺望!!!

39

実際にここに立って見る滝は 写真では伝わらない 絶景でした(T . T)

 

バロンフォール駅を出てからも色々な景色が味わえます!

40

 

これは ストーニークリーク滝

41

 

滝の写真だけ見てると大したことはないのですが

実際はこんな感じなので

かなり興奮します!

o0631051013028136675

つか、高所恐怖症には 窓を覗くのもビビリましたがね

(^_^;)

 

列車は 熱帯の森を抜けて

景色は だんだんと平地になっていき

42

 

ケアンズの郊外が見えてきました。

43

 

民家の横をゆっくり走ります。

44

 

本当にゆっくり

キュランダ村から2時間かけてケアンズ駅に到着

45

 

テレビで何度も見ていたキュランダ高原列車の旅は最高でした!!

46

 

 

ケアンズ駅を出て

48

 

夕飯まで 街中をぶらぶらしました。

49

 

これも 先ほど紹介したホールデンです。

50

オーストラリアではよく目にした このセダンタイプの後がトラックなホールデン

オーストラリア人には人気らしい!w

 

夕方になるとコウモリが飛んできます!

51

日本のコウモリとは違いバカデカイです!

しかも 物凄い数!

 

ルイビトンとコウモリ!

52

 

そうそう!

あと コレも オーストラリアでは沢山見た!w

53

アメリカのピックアップとかとはぜんぜん違う 後がコレタイプ!w

なんていうんだか知らんけど、コレタイプがやたらに多い!

やっぱ、オーストラリア人は 見た目とか気にしないらしい!w

 

3日目の夕飯を どこで食べるか探して回ったけど

日本食屋も多かったけど

54

 

スーパーに買い出しに行って

56

 

お土産とかも買いあさって

55

 

酒を買って帰り

57

ホテルで食べました。

 

以上! オーストラリア3日目 終了です!

 

なげーよ!

写真多いよ!

ですよね (^_^;)

つか、その前に読んでないよね!笑

俺の旅行記なんで!

老後に懐かしく読むためなんで!

あしからず (^o^)

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ

にほんブログ村 ファッションブログ パタンナーへ

にほんブログ村

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Australia-7” に対する意見

    • 長いのを読んでいただき
      ありがとうございます!

      蛇 ダメなんですか!!? (^_^;)
      まあ、私もそんなに得意ではありませんが
      クロコダイルはシットリ肌で気持ち良かったです!
      (^o^)

  1. お〜今、東京(所沢)から帰宅!

    ディンゴ。。。これ、ラッキーだよ!
    絶対。。。ラッキー!
    親戚の家で飼われてたミックスちゃんの。。。ラッキー!!!
    3年前に死んじゃった。。。ラッキーだよ!

    絶対。。。ラッキー!!!

    • まず先に!
      所沢は東京じゃーないからな!笑

      小玉か!?爆
       
      ラッキー池田は生きてます!
       
      クスミ嬢 は何処へ?
       
      リサボンダも何処へ?
       
      サセは?
       
      青いアーストンボラージュばかり着ていたの
      誰だっけか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください